Notebook 過去に書いたエッセイなどの文章です。1997-2003
ウェブやデジタル写真黎明期の頃の懐かしい文章です。あの頃は、デジタル写真に対する風当たりが強く、「おれは銀塩粒子以外は写真とは認めん」「デジタル写真は写真ではなく、単なる画像にすぎない」といった意見がまかり通っていました。そんな強気な発言を繰り返していた人たちも、今では心変わりをしたのか、いつの間にか正々堂々とデジタルカメラを使って写真を撮っています。あの頃から、確かに時は流れたのです・・・。

日々の言葉 1997
日々の言葉 1998
はかなさの獲得 1998
九つの断片-写真 1999
郊外の幸福論 1999
写真表現の可能性 2001
インタビュー 2002
インタビュー 2002
後ろの正面 2003